1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. 民間の年金保険について

民間の年金保険について

民間の年金保険

一般に「年金」というと、日本年金機構が運営する社会保障制度が思い浮かべられます。公的年金は20歳以上の日本国内に居住している方に加入が義務付けられており、従事している職業によって厚生年金、または国民年金のいずれかに加入しなければなりません。
その上で、個人の判断として自由意志で加入できるのが民間の年金保険、つまり「個人年金」です。

個人年金を運営するのは、民間の保険会社です。各企業の特色が反映されており、さまざまな特徴を持つ保険商品があります。個人年金への加入を検討している人はそのなかから希望の保険商品や保険プランを選ぶことができます。

個人保険の種類

・定額年金保険

定額年金保険とは、保険契約を交わした段階で将来受け取ることができる年金の額が決まり、社会情勢や物価の増減などに年金額が左右されない個人年金のことです。契約した段階で金額が決まるため、将来設計を考えやすいという点がメリットです。
一方で、インフレーションに対応できないというデメリットもあります。物価が継続的に上昇するインフレーションが起こっても、受給できる年金金額は変動しないため、契約のタイミングと受給のタイミングが噛みあわない場合には貯蓄としての運用が難しくなることもあるのです。

・変額年金保険

変額年金保険とは、個人年金保険に投資信託の機能を持たせたもので、収めた保険料の運用状況に応じて将来受け取ることのできる年金の額が決まります。変額年金保険で収めた保険料は「特別勘定」と呼ばれ、株券や債権の購入といった形での投資資金として運用されます。そこででた損益に応じて、将来的に受け取ることができる保険金額が変動します。
利益がでれば、変額年金保険の加入で支払う保険料の総額を、受け取ることのできる保険金額が上回ることも。逆に、損失がでれば変額年金保険の保険料総額を下回ることもあります。

まとめ

個人年金は公的年金とは違い、加入が義務付けられているわけではありません。自由意志で、加入することも加入しないことも選ぶことができます。また、加入する・しないだけではなく、どの保険会社の保険商品を選ぶのかも、個々の判断で行わなければなりません。保険商品によって詳細な内容は異なるため、事前にしっかりと調べた上でご検討いただくことをおすすめします。
不明な点や疑問に思う点がある場合にはそのままにせず、保険会社の相談窓口やファイナンシャル・プランナーにお問い合わせください。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

民間の年金保険について

民間の年金保険

一般に「年金」というと、日本年金機構が運営する社会保障制度が思い浮かべられます。公的年金は20歳以上の日本国内に居住している方に加入が義務付けられており、従事している職業によって厚生年金、または国民年金のいずれかに加入しなければなりません。
その上で、個人の判断として自由意志で加入できるのが民間の年金保険、つまり「個人年金」です。

個人年金を運営するのは、民間の保険会社です。各企業の特色が反映されており、さまざまな特徴を持つ保険商品があります。個人年金への加入を検討している人はそのなかから希望の保険商品や保険プランを選ぶことができます。

個人保険の種類

・定額年金保険

定額年金保険とは、保険契約を交わした段階で将来受け取ることができる年金の額が決まり、社会情勢や物価の増減などに年金額が左右されない個人年金のことです。契約した段階で金額が決まるため、将来設計を考えやすいという点がメリットです。
一方で、インフレーションに対応できないというデメリットもあります。物価が継続的に上昇するインフレーションが起こっても、受給できる年金金額は変動しないため、契約のタイミングと受給のタイミングが噛みあわない場合には貯蓄としての運用が難しくなることもあるのです。

・変額年金保険

変額年金保険とは、個人年金保険に投資信託の機能を持たせたもので、収めた保険料の運用状況に応じて将来受け取ることのできる年金の額が決まります。変額年金保険で収めた保険料は「特別勘定」と呼ばれ、株券や債権の購入といった形での投資資金として運用されます。そこででた損益に応じて、将来的に受け取ることができる保険金額が変動します。
利益がでれば、変額年金保険の加入で支払う保険料の総額を、受け取ることのできる保険金額が上回ることも。逆に、損失がでれば変額年金保険の保険料総額を下回ることもあります。

まとめ

個人年金は公的年金とは違い、加入が義務付けられているわけではありません。自由意志で、加入することも加入しないことも選ぶことができます。また、加入する・しないだけではなく、どの保険会社の保険商品を選ぶのかも、個々の判断で行わなければなりません。保険商品によって詳細な内容は異なるため、事前にしっかりと調べた上でご検討いただくことをおすすめします。
不明な点や疑問に思う点がある場合にはそのままにせず、保険会社の相談窓口やファイナンシャル・プランナーにお問い合わせください。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。