1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. 老後・将来のお金に関して
  3. 今から始める老後資金の運用

今から始める老後資金の運用

平成25年度に生命保険文化センターが行った意識調査によれば、夫婦2人で暮らしている高齢者が必要と考えている老後資金の最低額は、22.0万円です。旅行や趣味を楽しみながらゆとりある老後を暮らしたいと考えている高齢者の場合では、平均35.4万円の老後資金が必要だと考えられています。中間層にあたる人でも月々28万円前後、年間にすれば約330万円の老後資金が必要になる計算です。年金としてもらえる金額は個々人の条件によって異なりますが、いずれにせよこれだけの費用を夫婦お2人の年金だけでまかなうのは簡単ではありません。
そこで考えたいのが、若いうちからはじめる「老後資金の運用」です。老後に向けた資金運用を早い段階からはじめていくことで、安心して老後を迎えられるようになります。
とはいえ、現在の暮らしを続けながら将来に向けて資金運用していくことを、なかなか現実的には考え難い方も多いのではないかと思います。老後資金を運用するために、現在の生活を苦しくしては本末転倒です。資金運用は無理なく続けていくことが大切です。現在の生活の水準をなるべく落とさないように、負担の少ない老後資金の運用方法をご検討ください。

今、求められているのは「自立型」のライフプラン

昨今、一人ひとりに求められているのは自分の生活を自分で守る「自立型」のライフプランを構築することです。公的年金の改正によって、年金の受給時期は段階的に遠のいています。社会保障や福祉といった対外的な制度は、いつどのように変化するかわかりません。
そこで、ご自身で選んだ備えや保障を人生設計の柱にしていくことが求められています。そのための方法はさまざまです。株式やFXといった投資も1つの手段です。もっとも、投資にはリスクが付き物ですので万が一の場合に備えて、変額保険や養老保険など別の貯蓄方法もご検討いただくことをおすすめします。

今から始める老後資金の運用

平成25年度に生命保険文化センターが行った意識調査によれば、夫婦2人で暮らしている高齢者が必要と考えている老後資金の最低額は、22.0万円です。旅行や趣味を楽しみながらゆとりある老後を暮らしたいと考えている高齢者の場合では、平均35.4万円の老後資金が必要だと考えられています。中間層にあたる人でも月々28万円前後、年間にすれば約330万円の老後資金が必要になる計算です。年金としてもらえる金額は個々人の条件によって異なりますが、いずれにせよこれだけの費用を夫婦お2人の年金だけでまかなうのは簡単ではありません。
そこで考えたいのが、若いうちからはじめる「老後資金の運用」です。老後に向けた資金運用を早い段階からはじめていくことで、安心して老後を迎えられるようになります。
とはいえ、現在の暮らしを続けながら将来に向けて資金運用していくことを、なかなか現実的には考え難い方も多いのではないかと思います。老後資金を運用するために、現在の生活を苦しくしては本末転倒です。資金運用は無理なく続けていくことが大切です。現在の生活の水準をなるべく落とさないように、負担の少ない老後資金の運用方法をご検討ください。

今、求められているのは「自立型」のライフプラン

昨今、一人ひとりに求められているのは自分の生活を自分で守る「自立型」のライフプランを構築することです。公的年金の改正によって、年金の受給時期は段階的に遠のいています。社会保障や福祉といった対外的な制度は、いつどのように変化するかわかりません。
そこで、ご自身で選んだ備えや保障を人生設計の柱にしていくことが求められています。そのための方法はさまざまです。株式やFXといった投資も1つの手段です。もっとも、投資にはリスクが付き物ですので万が一の場合に備えて、変額保険や養老保険など別の貯蓄方法もご検討いただくことをおすすめします。