1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. 老後・将来のお金に関して
  3. 保険で始める賢い貯蓄

保険で始める賢い貯蓄

「老後に向けて、若いうちから貯蓄していこう」
その心がけ、とても立派です。高齢になってからの生活に必要とされている最低限度の金額は、夫婦2人で暮らしている人で約22万円(平成25年度生命保険文化センター調べ)。最低限度の金額でも、20万円を上回っています。もちろん、旅行もしたいし趣味も始めたい、もっとゆとりのある暮らしがしたいとなれば、さらにお金が必要になります。
いざ高齢者と呼ばれる年齢になってからそれだけのお金を集めようとしても、簡単ではありません。年金以外に収入源がないという高齢者も多いなか、月々にかかる20万円以上もの生活資金をどこから用立てるかといえば、若いうちから少しずつ積み立ててきた、貯蓄しかないわけです。
そこで問題となるのが、どうやって老後に向けて貯蓄していくか、その方法です。若い頃には、若い頃の生活があります。生活の水準を維持しながらも、老後に向けて貯蓄し続けていくためには、賢く貯蓄する方法の実践が重要。
ここでは「貯蓄型保険」に絞って、賢く貯蓄する方法をご紹介します。

貯蓄型保険とは

貯蓄型保険とは、保障と貯蓄を兼ね備えているタイプの保険商品を指します。月々支払う保険料を積み立てていき、満期を迎えたり、あるいは解約した場合に保険金を受け取ることができます。
貯蓄型保険には主に、終身保険、個人年金保険、養老保険、学資保険といったものがあり、それぞれで詳細な内容が異なります。しかし、いずれにおいても重要なのは、支払う保険料の総額よりも戻ってくる保険金や解約返戻金のほうが高くなるように考えて利用する点です。
保険料の総額が保険金や解約返戻金を下回ってしまうようでは、貯蓄とはいえません。結果的にプラスになる保険を選んで運用していき、老後の生活に向けてしっかりと貯蓄していきましょう。

貯蓄と保障の両立がポイント

貯蓄型保険の最大の特徴は、万が一の際の保障と将来に向けた貯蓄を1つの保険商品で両立できるという点にあります。保険商品によっては病気やケガの際に治療が必要になったときや死亡時に給付金や保険金を受け取ることができるため、万が一の事態への備えとなります。また、満期まで何事もなく過ごせた場合にも掛け捨てとはならずに、契約内容に応じた保険金を受け取ることができます。保険商品によっては支払った保険料の総額よりも多い保険金を受け取ることができるものもあり、貯蓄を目的としている方にはぴったりです。

保険料の引き落としを自動にすれば、無駄遣いの防止に

単純な方法ですが、いつも気づくと無駄遣いしてしまっている、という人にはこれがとても効果的です。銀行預金で貯蓄しようとしても、つい引き落としてしまう人は多いものです。ですが、保険料として毎月引き落とししてもらえば、うっかり口座からおろしてしまうということもありません。
もちろん、急にお金が必要になったというときには、解約すれば解約返戻金を受け取ることもできます。ただし、保険商品によっては途中解約すると原本割れを起こしてしまい、損をすることになるものも少なくありません。解約しないとどうしても支払いに間に合わないようなことがあるとき以外は、手を付けないようにしましょう。

まとめ

貯蓄型保険を上手く活用すれば、老後に向けて賢く貯蓄していくことができます。保険の機能も併せ持っているので、ある程度のトラブルにも対処できます。ただし、保険機能単体で見た場合には十分ではない可能性もあるため、内容をしっかりと確認した上で加入するかどうか検討しましょう。

保険で始める賢い貯蓄

「老後に向けて、若いうちから貯蓄していこう」
その心がけ、とても立派です。高齢になってからの生活に必要とされている最低限度の金額は、夫婦2人で暮らしている人で約22万円(平成25年度生命保険文化センター調べ)。最低限度の金額でも、20万円を上回っています。もちろん、旅行もしたいし趣味も始めたい、もっとゆとりのある暮らしがしたいとなれば、さらにお金が必要になります。
いざ高齢者と呼ばれる年齢になってからそれだけのお金を集めようとしても、簡単ではありません。年金以外に収入源がないという高齢者も多いなか、月々にかかる20万円以上もの生活資金をどこから用立てるかといえば、若いうちから少しずつ積み立ててきた、貯蓄しかないわけです。
そこで問題となるのが、どうやって老後に向けて貯蓄していくか、その方法です。若い頃には、若い頃の生活があります。生活の水準を維持しながらも、老後に向けて貯蓄し続けていくためには、賢く貯蓄する方法の実践が重要。
ここでは「貯蓄型保険」に絞って、賢く貯蓄する方法をご紹介します。

貯蓄型保険とは

貯蓄型保険とは、保障と貯蓄を兼ね備えているタイプの保険商品を指します。月々支払う保険料を積み立てていき、満期を迎えたり、あるいは解約した場合に保険金を受け取ることができます。
貯蓄型保険には主に、終身保険、個人年金保険、養老保険、学資保険といったものがあり、それぞれで詳細な内容が異なります。しかし、いずれにおいても重要なのは、支払う保険料の総額よりも戻ってくる保険金や解約返戻金のほうが高くなるように考えて利用する点です。
保険料の総額が保険金や解約返戻金を下回ってしまうようでは、貯蓄とはいえません。結果的にプラスになる保険を選んで運用していき、老後の生活に向けてしっかりと貯蓄していきましょう。

貯蓄と保障の両立がポイント

貯蓄型保険の最大の特徴は、万が一の際の保障と将来に向けた貯蓄を1つの保険商品で両立できるという点にあります。保険商品によっては病気やケガの際に治療が必要になったときや死亡時に給付金や保険金を受け取ることができるため、万が一の事態への備えとなります。また、満期まで何事もなく過ごせた場合にも掛け捨てとはならずに、契約内容に応じた保険金を受け取ることができます。保険商品によっては支払った保険料の総額よりも多い保険金を受け取ることができるものもあり、貯蓄を目的としている方にはぴったりです。

保険料の引き落としを自動にすれば、無駄遣いの防止に

単純な方法ですが、いつも気づくと無駄遣いしてしまっている、という人にはこれがとても効果的です。銀行預金で貯蓄しようとしても、つい引き落としてしまう人は多いものです。ですが、保険料として毎月引き落とししてもらえば、うっかり口座からおろしてしまうということもありません。
もちろん、急にお金が必要になったというときには、解約すれば解約返戻金を受け取ることもできます。ただし、保険商品によっては途中解約すると原本割れを起こしてしまい、損をすることになるものも少なくありません。解約しないとどうしても支払いに間に合わないようなことがあるとき以外は、手を付けないようにしましょう。

まとめ

貯蓄型保険を上手く活用すれば、老後に向けて賢く貯蓄していくことができます。保険の機能も併せ持っているので、ある程度のトラブルにも対処できます。ただし、保険機能単体で見た場合には十分ではない可能性もあるため、内容をしっかりと確認した上で加入するかどうか検討しましょう。