1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. 変額保険とは?
  3. 変額終身保険とは?

変額終身保険とは?

変額終身保険とは?

変額終身保険とは、終身タイプの変額保険です。基本的な仕組みは変額保険と同じですが、死亡保障が一生涯続き、被保険者の死亡時に保険金が支払われます。
通常の終身死亡保険と異なり、死亡時に受け取ることのできる保険金の額は保険料の運用状況に応じて変動します。そのため、受け取ることのできる保険金の額が保険料の総額を上回る場合があります。しかし、保険金の額が保険料の総額を下回る場合もあるため、ご加入される場合はリスクとリターンをしっかりとご検討いただく必要があります。

変額終身保険の仕組みとは?

変額終身保険に加入すると、月々支払う保険料は特別勘定として扱われ、特定の投資ファンドによる投資資金として運用されます。投資対象が異なるファンドがいくつか用意されており、被保険者は自由に選ぶことができ、ファンドの資金運用動向をみて途中で切り替えることもできます。
ファンドの投資が成功して利益を得た場合、保険金や解約返戻金として受け取る際に還元されます。これに対してファンドの投資が失敗して損失がでた場合、保険料の総額を下回る場合もあります。
老後の生活資金を用立てるためにご加入いただく場合には、保険契約を途中で解約し、解約返戻金をお受け取りください。ただし、解約のタイミングによっては解約返戻金の額が保険料の支払い総額を下回っていることもあるため、解約する時期については特にご注意ください。

変額終身保険のメリット・デメリット

変額終身保険のメリットは、一生涯を見据えた資産形成と死亡保障を兼ね備えているという点です。保険期間は、途中で打ち切らない限り一生涯続きます。被保険者の万が一に備えることができるため、お葬儀代や相続税の対策などにご活用いただけます。また、一般的な保険商品と比べて月々の保険料が安いという点も大きなメリット。運用次第で、保険料の総額を上回る保険金を受け取ることができる場合もあります。
一方、変額終身保険のデメリットは、運用状況に応じて受け取ることのできる保険金額が増減するという点にあります。受け取る際の保険金額が、想定していた金額に届かない可能性があります。そのため、資産形成目的で活用する場合は変額終身保険1つに絞らず、リスクヘッジを考えて運用されることをおすすめいたします。

まとめ

変額終身保険は、保険期間が一生涯続く変額保険です。保険と資産形成の役割をどちらも兼ね備えているため、1つの保険商品で備えと資産形成の目的を同時に適えることができます。ただし、両立しているからこそのリスクもあるため、ご加入を検討される際には、メリット・デメリットについてよくご確認ください。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

変額終身保険とは?

変額終身保険とは?

変額終身保険とは、終身タイプの変額保険です。基本的な仕組みは変額保険と同じですが、死亡保障が一生涯続き、被保険者の死亡時に保険金が支払われます。
通常の終身死亡保険と異なり、死亡時に受け取ることのできる保険金の額は保険料の運用状況に応じて変動します。そのため、受け取ることのできる保険金の額が保険料の総額を上回る場合があります。しかし、保険金の額が保険料の総額を下回る場合もあるため、ご加入される場合はリスクとリターンをしっかりとご検討いただく必要があります。

変額終身保険の仕組みとは?

変額終身保険に加入すると、月々支払う保険料は特別勘定として扱われ、特定の投資ファンドによる投資資金として運用されます。投資対象が異なるファンドがいくつか用意されており、被保険者は自由に選ぶことができ、ファンドの資金運用動向をみて途中で切り替えることもできます。
ファンドの投資が成功して利益を得た場合、保険金や解約返戻金として受け取る際に還元されます。これに対してファンドの投資が失敗して損失がでた場合、保険料の総額を下回る場合もあります。
老後の生活資金を用立てるためにご加入いただく場合には、保険契約を途中で解約し、解約返戻金をお受け取りください。ただし、解約のタイミングによっては解約返戻金の額が保険料の支払い総額を下回っていることもあるため、解約する時期については特にご注意ください。

変額終身保険のメリット・デメリット

変額終身保険のメリットは、一生涯を見据えた資産形成と死亡保障を兼ね備えているという点です。保険期間は、途中で打ち切らない限り一生涯続きます。被保険者の万が一に備えることができるため、お葬儀代や相続税の対策などにご活用いただけます。また、一般的な保険商品と比べて月々の保険料が安いという点も大きなメリット。運用次第で、保険料の総額を上回る保険金を受け取ることができる場合もあります。
一方、変額終身保険のデメリットは、運用状況に応じて受け取ることのできる保険金額が増減するという点にあります。受け取る際の保険金額が、想定していた金額に届かない可能性があります。そのため、資産形成目的で活用する場合は変額終身保険1つに絞らず、リスクヘッジを考えて運用されることをおすすめいたします。

まとめ

変額終身保険は、保険期間が一生涯続く変額保険です。保険と資産形成の役割をどちらも兼ね備えているため、1つの保険商品で備えと資産形成の目的を同時に適えることができます。ただし、両立しているからこそのリスクもあるため、ご加入を検討される際には、メリット・デメリットについてよくご確認ください。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。