1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. 変額保険とは?
  3. 変額個人年金保険と変額保険

変額個人年金保険と変額保険

変額個人年金保険と変額保険。
違いは、「個人年金」がついているかどうか、というもの。どちらも民間の保険会社が提供している保険商品であることに違いはありません。しかし、変額個人年金保険と変額保険では、保険商品としての性質が異なっています。呼び方の違いだけ、と思ってしまうと、どちらが自分のライフプランにあった保険商品であるのか判断が難しくなってしまいます。
そこで、ここでは変額個人年金保険と変額保険の違いについてご紹介します。

何がメインなのか

変額個人年金保険と変額保険は、何を保険商品のメインとしているのかで大きく異なります。

変額個人年金保険の場合、メインとしているのは「年金の給付」です。支払った保険料は積立金額として特別勘定が運用し、その成果に応じて額が変動します。積立てた保険料は年金原資となり、年金支払期間に受け取ることができます。受け取ることのできる額が変動する年金、と考えて良いでしょう。
一方、変額保険がメインとしているのは「死亡時、または高度障害時の保障」です。特別勘定の運用成果に応じて将来受け取ることのできる額が変動するのは変額個人年金保険と同じですが、受け取りは年金という形ではなく保険金や解約返戻金といった形で一度に受け取ります。受け取ることのできる額が変動する生命保険のため、元本割れの可能性があると考えて良いでしょう。

保険料の支払い方

変額個人年金保険と変額保険では、一般的に保険料の支払い方が異なります。

変額個人年金保険の場合、保険料の支払い方は「一時払い」が一般的。月払いの商品もありますが、基本的には保険料は全額一括で支払うことになります。そのため余剰資金での運用に適しています。
一方、変額保険の支払い方法は、保険会社によってさまざま。一時払いのものもあれば、月払い、年払いのものもあります。そのため、収入状況やライフプランにあわせた支払い方法を選ぶことができ、無理なく資産運用していくことができます。

まとめ

変額個人年金保険と変額保険、どちらも「額が変動する保険商品」であることに違いはありません。しかし、変額個人年金保険は年金、変額保険は保険と、それぞれ主だった性質が異なります。ご自分のライフプランにあった保険商品を選びたいというときには、この違いにご注意ください。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

変額個人年金保険と変額保険

変額個人年金保険と変額保険。
違いは、「個人年金」がついているかどうか、というもの。どちらも民間の保険会社が提供している保険商品であることに違いはありません。しかし、変額個人年金保険と変額保険では、保険商品としての性質が異なっています。呼び方の違いだけ、と思ってしまうと、どちらが自分のライフプランにあった保険商品であるのか判断が難しくなってしまいます。
そこで、ここでは変額個人年金保険と変額保険の違いについてご紹介します。

何がメインなのか

変額個人年金保険と変額保険は、何を保険商品のメインとしているのかで大きく異なります。

変額個人年金保険の場合、メインとしているのは「年金の給付」です。支払った保険料は積立金額として特別勘定が運用し、その成果に応じて額が変動します。積立てた保険料は年金原資となり、年金支払期間に受け取ることができます。受け取ることのできる額が変動する年金、と考えて良いでしょう。
一方、変額保険がメインとしているのは「死亡時、または高度障害時の保障」です。特別勘定の運用成果に応じて将来受け取ることのできる額が変動するのは変額個人年金保険と同じですが、受け取りは年金という形ではなく保険金や解約返戻金といった形で一度に受け取ります。受け取ることのできる額が変動する生命保険のため、元本割れの可能性があると考えて良いでしょう。

保険料の支払い方

変額個人年金保険と変額保険では、一般的に保険料の支払い方が異なります。

変額個人年金保険の場合、保険料の支払い方は「一時払い」が一般的。月払いの商品もありますが、基本的には保険料は全額一括で支払うことになります。そのため余剰資金での運用に適しています。
一方、変額保険の支払い方法は、保険会社によってさまざま。一時払いのものもあれば、月払い、年払いのものもあります。そのため、収入状況やライフプランにあわせた支払い方法を選ぶことができ、無理なく資産運用していくことができます。

まとめ

変額個人年金保険と変額保険、どちらも「額が変動する保険商品」であることに違いはありません。しかし、変額個人年金保険は年金、変額保険は保険と、それぞれ主だった性質が異なります。ご自分のライフプランにあった保険商品を選びたいというときには、この違いにご注意ください。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。