1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. お金を貯める・増やすには?
  3. お金を上手に貯めるコツ

お金を上手に貯めるコツ

お金を上手に貯めるにはコツがある

老後に向けて。
欲しいものを買うために。
結婚資金の準備に。
生活を安定させるために。
万が一に備えるために。

お金を貯める目的は人それぞれ。ですが、どんな目的のためであれ、お金を上手に貯めるにはコツがあります。目標額まで貯められるか不安に思っている方は、これからご紹介するお金を上手に貯めるコツを実践してみてはいかがでしょうか。

お金を貯めるコツその1:支出を徹底的に管理する

収入が支出を上回っていれば、確実にお金は貯まります。反対に、支出が収入を上回っていれば、どれだけ貯蓄があったとしても、いずれは口座の残高が0になります。お金を貯めるもっとも基本的なコツは、支出総額を徹底的に管理することです。そして、支出額が収入額を決して上回らないようにすることです。
まず、支出をすべて書き出して、ジャンルごとに分類してみましょう。食費、家賃、交際費など、おおまかにわけるだけでも支出の傾向が特定できます。 そのなかで、節約できるところをピックアップし、予算の範囲を決定します。たとえば家賃を節約するためには引っ越しが必要なため実現は困難ですが、食費や光熱費であれば少しの工夫で節約できます。
そうして、支出の中から減らせるところを特定することが、お金を貯めるもっとも基本的なコツです。

お金を貯めるコツその2:浪費と投資を区別する

お金を使うことのすべてが浪費であると考える必要はありません。なかには、将来的にもっと大きな利益になることを見越してお金を出したものもあるはずです。節約をするべきは浪費であって、投資ではありません。もちろん、その投資が本当に蓋然性の高いものであるかどうかは、しっかりと見極める必要があります。
とはいえ、投資が本当に成功するかどうかは、そのときになってみないとわからないもの。そして、投資の成功が貯蓄の成功に結びつくことも多いものです。利益になる見込みが高いと判断した投資には、恐れずにお金を使ってみましょう。お金を使わないことだけがお金を貯めるコツではないのです。

お金を貯めるコツその3:支出を統合する

生活上、どうしても必要になる支出は浪費とはいいません。たとえば衣服や食事、住居にかかる費用などは、ある程度仕方のないものです。必要なものまで省いてしまうと、生活環境を台無しにしてしまうおそれがあります。それは長期的にみれば、大きなリスクになるでしょう。
もちろん、必要なものだからといって無計画にお金を費やして良いわけではありません。無駄を省き、統合できるものはなるべく統合していきましょう。
たとえば、保険への加入は万が一の事態に備えるために必要なものです。とはいえ保険料がかかるため、備えを用意するメリットと継続的な支出になるデメリットを総合的に考え、なるべくメリットが大きくなるように工夫することが大切です。
おすすめは、備えと貯蓄が両立できる保険商品。死亡保険と資産形成を兼ね備えた変額保険なら、万が一の際の備えを用意しながら将来に向けた貯蓄ができます。
お金の使い方を統合することで、支出総額を減らしたり、管理しやすくなります。
これ以外にも、統合できる支出がないか、今一度家計簿を見なおしてみてはいかがでしょうか。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

お金を上手に貯めるコツ

お金を上手に貯めるにはコツがある

老後に向けて。
欲しいものを買うために。
結婚資金の準備に。
生活を安定させるために。
万が一に備えるために。

お金を貯める目的は人それぞれ。ですが、どんな目的のためであれ、お金を上手に貯めるにはコツがあります。目標額まで貯められるか不安に思っている方は、これからご紹介するお金を上手に貯めるコツを実践してみてはいかがでしょうか。

お金を貯めるコツその1:支出を徹底的に管理する

収入が支出を上回っていれば、確実にお金は貯まります。反対に、支出が収入を上回っていれば、どれだけ貯蓄があったとしても、いずれは口座の残高が0になります。お金を貯めるもっとも基本的なコツは、支出総額を徹底的に管理することです。そして、支出額が収入額を決して上回らないようにすることです。
まず、支出をすべて書き出して、ジャンルごとに分類してみましょう。食費、家賃、交際費など、おおまかにわけるだけでも支出の傾向が特定できます。 そのなかで、節約できるところをピックアップし、予算の範囲を決定します。たとえば家賃を節約するためには引っ越しが必要なため実現は困難ですが、食費や光熱費であれば少しの工夫で節約できます。
そうして、支出の中から減らせるところを特定することが、お金を貯めるもっとも基本的なコツです。

お金を貯めるコツその2:浪費と投資を区別する

お金を使うことのすべてが浪費であると考える必要はありません。なかには、将来的にもっと大きな利益になることを見越してお金を出したものもあるはずです。節約をするべきは浪費であって、投資ではありません。もちろん、その投資が本当に蓋然性の高いものであるかどうかは、しっかりと見極める必要があります。
とはいえ、投資が本当に成功するかどうかは、そのときになってみないとわからないもの。そして、投資の成功が貯蓄の成功に結びつくことも多いものです。利益になる見込みが高いと判断した投資には、恐れずにお金を使ってみましょう。お金を使わないことだけがお金を貯めるコツではないのです。

お金を貯めるコツその3:支出を統合する

生活上、どうしても必要になる支出は浪費とはいいません。たとえば衣服や食事、住居にかかる費用などは、ある程度仕方のないものです。必要なものまで省いてしまうと、生活環境を台無しにしてしまうおそれがあります。それは長期的にみれば、大きなリスクになるでしょう。
もちろん、必要なものだからといって無計画にお金を費やして良いわけではありません。無駄を省き、統合できるものはなるべく統合していきましょう。
たとえば、保険への加入は万が一の事態に備えるために必要なものです。とはいえ保険料がかかるため、備えを用意するメリットと継続的な支出になるデメリットを総合的に考え、なるべくメリットが大きくなるように工夫することが大切です。
おすすめは、備えと貯蓄が両立できる保険商品。死亡保険と資産形成を兼ね備えた変額保険なら、万が一の際の備えを用意しながら将来に向けた貯蓄ができます。
お金の使い方を統合することで、支出総額を減らしたり、管理しやすくなります。
これ以外にも、統合できる支出がないか、今一度家計簿を見なおしてみてはいかがでしょうか。