1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. お金を貯める・増やすには?
  3. お金を増やす3つのルール

お金を増やす3つのルール

お金を増やすには、単純な3つのルールを実践していくことが重要です。
その3つのルールとは、削減・節約・貯金です。

この3つのルールをきちんと運用していくことこそが、お金を貯めるためのもっとも効率的な手段です。
当たり前のことだと思うかもしれませんが、意外とできていない人も多いこの3つのルール。今一度、おさらいしてみましょう。

まずは削減。不要なものを見つけて省く

最初に試みるべきなのは、削減です。支出のなかから、不要不急のものを見つけだして省いていきましょう。そのためにも、日頃から家計簿をつけておき、支出を管理することが重要です。その際、細かくジャンルわけしておくと仕分けしやすくなります。
たとえば食事に関する費用でも、自炊にかかる材料費と外食費では額が違います。家計簿をみて外食にかかる費用が多いと判断できるようなら、なるべく外食を控えるようにして、お弁当や自宅での食事に切り替えましょう。家計簿をつけることでこうした生活方針の問題点を洗い出し、無駄を省くことで効率的なお金の増やし方ができるようになります。

次に節約。より安いもの、効率的なものを探す

現在の支出からある程度削減したあとは、節約していきましょう。どうしても削減できないものでも、支出額を節約するために別のものに切り替えることは有効です。
たとえば、食品はなるべくスーパーのお勤め品を買うようにする、チラシをみて安いお店で買うようにするなど。食費をまったく0にすることは現実的ではありませんが、節約することでなるべく支出額を減らすことは十分に可能です。こうした地道な努力も、効率的なお金の貯め方をしていくためには必要なことなのです。

最後に貯金。浮いたお金は貯蓄に回す

支出を削減し、節約していけば、自由に使えるお金がでてくるはず。それを別の浪費に回してしまっては元も子もありません。捻出できたフリーなお金は、なるべく貯金するようにしましょう。
貯金するにあたって身につけておきたいのが、「貯金体質」。口座にお金を入れてもすぐにおろして使ってしまう人の場合、どれだけ多く貯金しても意味はありません。貯金体質を身につけることで、効率的なお金の増やし方を実感できるようにすることが重要です。

・自分の手持ち資産を常に把握する
・すぐに使える余剰資金を持たないようにする
・「1つの大きな目標額」ではなく「多くの小さな目標額」を作る

自分がどれだけのお金を持っているのか、どれだけのお金なら使っても問題ないのかを知ることが、貯金体質を身につけるファーストステップ。「いくらでもお金がある」と思ってしまうと、いくら収入があってもお金は貯まりません。
また、大きな目標を1つだけ持つよりも、たくさんの小さな目標を持つことが大切です。大きすぎる目標は現実感がなくなり、途中で頓挫してしまう可能性が大きいのです。たとえば「1年で120万円貯める」よりも、「1ヶ月で10万円を貯める」を12ヶ月繰り返しすほうが現実的ですし、1度の失敗で負うリスクも低くなります。

まとめ

収入状況やライフプランによっても、最適なお金の増やし方は異なります。たとえば余剰資産が豊富にある人は、株やFXなどの投資、または変額保険の利用が最適となる場合もあります。
ここで挙げた削減・節約・貯金の流れは、あくまで一例。日常的に実践できる、もっとも基本的なお金の増やし方に過ぎません。
ご自分にあったお金の増やし方を知りたい、実践したいという方は、試行錯誤を繰り返してみるのも良いですが、一度ファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

お金を増やす3つのルール

お金を増やすには、単純な3つのルールを実践していくことが重要です。
その3つのルールとは、削減・節約・貯金です。

この3つのルールをきちんと運用していくことこそが、お金を貯めるためのもっとも効率的な手段です。
当たり前のことだと思うかもしれませんが、意外とできていない人も多いこの3つのルール。今一度、おさらいしてみましょう。

まずは削減。不要なものを見つけて省く

最初に試みるべきなのは、削減です。支出のなかから、不要不急のものを見つけだして省いていきましょう。そのためにも、日頃から家計簿をつけておき、支出を管理することが重要です。その際、細かくジャンルわけしておくと仕分けしやすくなります。
たとえば食事に関する費用でも、自炊にかかる材料費と外食費では額が違います。家計簿をみて外食にかかる費用が多いと判断できるようなら、なるべく外食を控えるようにして、お弁当や自宅での食事に切り替えましょう。家計簿をつけることでこうした生活方針の問題点を洗い出し、無駄を省くことで効率的なお金の増やし方ができるようになります。

次に節約。より安いもの、効率的なものを探す

現在の支出からある程度削減したあとは、節約していきましょう。どうしても削減できないものでも、支出額を節約するために別のものに切り替えることは有効です。
たとえば、食品はなるべくスーパーのお勤め品を買うようにする、チラシをみて安いお店で買うようにするなど。食費をまったく0にすることは現実的ではありませんが、節約することでなるべく支出額を減らすことは十分に可能です。こうした地道な努力も、効率的なお金の貯め方をしていくためには必要なことなのです。

最後に貯金。浮いたお金は貯蓄に回す

支出を削減し、節約していけば、自由に使えるお金がでてくるはず。それを別の浪費に回してしまっては元も子もありません。捻出できたフリーなお金は、なるべく貯金するようにしましょう。
貯金するにあたって身につけておきたいのが、「貯金体質」。口座にお金を入れてもすぐにおろして使ってしまう人の場合、どれだけ多く貯金しても意味はありません。貯金体質を身につけることで、効率的なお金の増やし方を実感できるようにすることが重要です。

・自分の手持ち資産を常に把握する
・すぐに使える余剰資金を持たないようにする
・「1つの大きな目標額」ではなく「多くの小さな目標額」を作る

自分がどれだけのお金を持っているのか、どれだけのお金なら使っても問題ないのかを知ることが、貯金体質を身につけるファーストステップ。「いくらでもお金がある」と思ってしまうと、いくら収入があってもお金は貯まりません。
また、大きな目標を1つだけ持つよりも、たくさんの小さな目標を持つことが大切です。大きすぎる目標は現実感がなくなり、途中で頓挫してしまう可能性が大きいのです。たとえば「1年で120万円貯める」よりも、「1ヶ月で10万円を貯める」を12ヶ月繰り返しすほうが現実的ですし、1度の失敗で負うリスクも低くなります。

まとめ

収入状況やライフプランによっても、最適なお金の増やし方は異なります。たとえば余剰資産が豊富にある人は、株やFXなどの投資、または変額保険の利用が最適となる場合もあります。
ここで挙げた削減・節約・貯金の流れは、あくまで一例。日常的に実践できる、もっとも基本的なお金の増やし方に過ぎません。
ご自分にあったお金の増やし方を知りたい、実践したいという方は、試行錯誤を繰り返してみるのも良いですが、一度ファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。