1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. お金を貯める・増やすには?
  3. 資産運用の基本

資産運用の基本

ここでは、資産運用の基本についてご紹介します。

お金とはそもそも、使わなければ意味のないものです。資産運用をしてお金を増やす、その目的は最終的に「使うこと」に行き着きます。そのため、使うことを想定しないままお金を貯めようとしても、どこかで破綻してしまう可能性が高いといえます。たとえば、目標額に到達する前に高額の買い物に使ってしまったり、もっと効率的に金額を増やそうとして無理な投資をしてしまったり……。
いずれにしても、安定した資産運用の方法を試す際には、絶対にしてはならないNG行動といえます。資産運用を目的としてお金を貯めるなら、目標額に到達するまでそのお金はないものとして扱うべきといえます。

とはいえ、貯蓄しながらも日々の生活を送るためにはお金が必要ですし、安定して収益になると見込める投資があれば多少のリスクを覚悟してでも挑戦してみる価値はあるかもしれません。そんなとき、目標額に向けて資産運用を続けている最中だから我慢しなければ、というのも1つの考え方ですが、他の考え方もあります。
具体的には、「資産運用するためのお金といつでも自由に使えるお金を区別して、もしものときには自由に使えるお金のなかから捻出する」、という考え方です。とはいえ、無作為に切り分けてしまえばそれは無計画な資産運用となります。そこで以下では、目的別にお金を3つの種類に分けて考える方法をご紹介します。

目的ごとにお金を切り分ける

まず、お金の使い方を3つに分類します。
1つめは貯蓄。毎月一定額を貯蓄に回し、安定した資産運用のベースとして使います。
2つめは投資。収益が見込めると判断した投資対象に使うためのお金です。成功したときのリターンと失敗したときのリスクを総合的に判断して、どの程度回すのかを判断します。
3つめは自由に使えるフリーなお金です。生活に必要な費用はここから捻出します。特に目標額を定めずに貯金する際は、ここに含めると良いでしょう。そうすることで、目標額まで貯めることを目的とした貯金と、余剰資金をプールしておくだけの貯金を切り分けて考えることができます。

あらかじめ決めた使い方からはみ出さない

目的ごとにお金を切り分けたら、その目的からはみ出さないようにしてお金を使うことを自分に許可しましょう。お金はもともと、使わなければ意味のないものです。生活費や娯楽のために使うと決めたなら、その使い方にお金を回すのは決して悪いことではありません。
ただし、あらかじめ決めた使い方からは絶対にはみ出さないように注意してください。投資用のお金はあくまで投資に、貯蓄用のお金はあくまで貯蓄に。それ以外の用途に使うことを許してしまうと、せっかく目的ごとに切り分けた意味がありません。節度を守って消費と貯蓄を両立することこそが、お金を運用する上で重要なのです。

まとめ

なかなかお金が貯められない、という人。もしかしたらそれは、お金の貯め方だけでなく、お金の運用の仕方が下手だからなのかもしれません。ここでご紹介したのは、節度を守りながら資産運用していく方法です。まずは、目的ごとにお金の使い方を切り分けるところから始めてみてはいかがでしょうか。

資産運用の基本

ここでは、資産運用の基本についてご紹介します。

お金とはそもそも、使わなければ意味のないものです。資産運用をしてお金を増やす、その目的は最終的に「使うこと」に行き着きます。そのため、使うことを想定しないままお金を貯めようとしても、どこかで破綻してしまう可能性が高いといえます。たとえば、目標額に到達する前に高額の買い物に使ってしまったり、もっと効率的に金額を増やそうとして無理な投資をしてしまったり……。
いずれにしても、安定した資産運用の方法を試す際には、絶対にしてはならないNG行動といえます。資産運用を目的としてお金を貯めるなら、目標額に到達するまでそのお金はないものとして扱うべきといえます。

とはいえ、貯蓄しながらも日々の生活を送るためにはお金が必要ですし、安定して収益になると見込める投資があれば多少のリスクを覚悟してでも挑戦してみる価値はあるかもしれません。そんなとき、目標額に向けて資産運用を続けている最中だから我慢しなければ、というのも1つの考え方ですが、他の考え方もあります。
具体的には、「資産運用するためのお金といつでも自由に使えるお金を区別して、もしものときには自由に使えるお金のなかから捻出する」、という考え方です。とはいえ、無作為に切り分けてしまえばそれは無計画な資産運用となります。そこで以下では、目的別にお金を3つの種類に分けて考える方法をご紹介します。

目的ごとにお金を切り分ける

まず、お金の使い方を3つに分類します。
1つめは貯蓄。毎月一定額を貯蓄に回し、安定した資産運用のベースとして使います。
2つめは投資。収益が見込めると判断した投資対象に使うためのお金です。成功したときのリターンと失敗したときのリスクを総合的に判断して、どの程度回すのかを判断します。
3つめは自由に使えるフリーなお金です。生活に必要な費用はここから捻出します。特に目標額を定めずに貯金する際は、ここに含めると良いでしょう。そうすることで、目標額まで貯めることを目的とした貯金と、余剰資金をプールしておくだけの貯金を切り分けて考えることができます。

あらかじめ決めた使い方からはみ出さない

目的ごとにお金を切り分けたら、その目的からはみ出さないようにしてお金を使うことを自分に許可しましょう。お金はもともと、使わなければ意味のないものです。生活費や娯楽のために使うと決めたなら、その使い方にお金を回すのは決して悪いことではありません。
ただし、あらかじめ決めた使い方からは絶対にはみ出さないように注意してください。投資用のお金はあくまで投資に、貯蓄用のお金はあくまで貯蓄に。それ以外の用途に使うことを許してしまうと、せっかく目的ごとに切り分けた意味がありません。節度を守って消費と貯蓄を両立することこそが、お金を運用する上で重要なのです。

まとめ

なかなかお金が貯められない、という人。もしかしたらそれは、お金の貯め方だけでなく、お金の運用の仕方が下手だからなのかもしれません。ここでご紹介したのは、節度を守りながら資産運用していく方法です。まずは、目的ごとにお金の使い方を切り分けるところから始めてみてはいかがでしょうか。