1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. お金を貯める・増やすには?
  3. インフレリスクを回避するには

インフレリスクを回避するには

貯蓄型保険には、契約した段階で将来受け取ることのできる金額が決定する「定額保険」と、運用動向に応じて受け取ることのできる金額が変動する「変額保険」があります。
受け取ることのできる金額が決定していることから将来のライフプラン設計に活かしやすい定額保険と、運用実績に応じて大幅な増額になることもある変額保険。どちらを資産運用の方法として活用するかは、人それぞれです。
重要なのは、定額保険と変額保険には、それぞれ別のメリット・デメリットがあるという点です。どちらが自分のライフプランにあっているのか、しっかりと勘案することをおすすめします。
以下では、定額保険のデメリットとして挙げられる「インフレリスクに対応できない」ことを取り上げ、それに対応する方法もあわせてご紹介します。

インフレリスクとは?

インフレリスクとは、社会全体がインフレーションに陥る状況、つまり物価が継続的に上昇しているときに起こりうる、相対的にお金の価値が低下するリスクのことです。
定額保険は、契約時に将来受け取ることのできる保険金の額が決定します。保険金の額は、契約時の物価から算出されたもので、契約期間中に物価が変動してもそれに伴って増減することはありません。
そのため、契約期間中にインフレーションが起こり、お金の価値が低下してしまうと、契約成立時と保険金受け取り時の間でお金の価値が大幅に変わり、損を被ってしまうおそれがあるのです。これがインフレリスクです。
変額保険では、特別勘定の運用実績に応じて保険金の額が変動するため、時代にあわせた資産運用が可能です。

インフレリスクを回避するには

定額保険の性質上、インフレリスクを完全に回避することはできません。途中解約することでインフレーションの影響をある程度抑えることはできますが、解約返戻金の額によっては損をすることもあります。
では、インフレリスクに対応するにはどうしたらいいのでしょうか。

まず大切なのは、「貯蓄の方法を定額保険だけに頼らないようにすること」です。貯蓄を定額保険1つに絞ってしまうと、インフレリスクが起きたときに対応しきれません。
インフレリスクに強いとされる外貨預金や変額保険とあわせて貯蓄を考えることで、資産運用に柔軟性が生まれます。定額保険はあくまでも貯蓄方法の1つであると考え、それがすべてではないという意識を持つことが大切です。インフレリスクを回避するためには、これがもっとも確実で、安全性の高い方法といえます。

まとめ

ライフプランにあわせた資産運用の方法を選ぶとき、つい1つに絞ってしまいがちです。運用の管理がしやすいというメリットもありますが、大きなトラブルに遭遇したときに対応しきれず、貯蓄性がまったく損なわれてしまいかねないというデメリットもあります。
定額保険は契約時に将来受け取ることのできる金額が決定するため、ライフプラン設計がしやすくなる安定した貯蓄方法です。しかし、インフレリスクには対応しきれません。
インフレーションが起きたときのことを考えインフレリスクに強い貯蓄方法も用意しておくと、より安定した資産運用ができるようになります。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。

インフレリスクを回避するには

貯蓄型保険には、契約した段階で将来受け取ることのできる金額が決定する「定額保険」と、運用動向に応じて受け取ることのできる金額が変動する「変額保険」があります。
受け取ることのできる金額が決定していることから将来のライフプラン設計に活かしやすい定額保険と、運用実績に応じて大幅な増額になることもある変額保険。どちらを資産運用の方法として活用するかは、人それぞれです。
重要なのは、定額保険と変額保険には、それぞれ別のメリット・デメリットがあるという点です。どちらが自分のライフプランにあっているのか、しっかりと勘案することをおすすめします。
以下では、定額保険のデメリットとして挙げられる「インフレリスクに対応できない」ことを取り上げ、それに対応する方法もあわせてご紹介します。

インフレリスクとは?

インフレリスクとは、社会全体がインフレーションに陥る状況、つまり物価が継続的に上昇しているときに起こりうる、相対的にお金の価値が低下するリスクのことです。
定額保険は、契約時に将来受け取ることのできる保険金の額が決定します。保険金の額は、契約時の物価から算出されたもので、契約期間中に物価が変動してもそれに伴って増減することはありません。
そのため、契約期間中にインフレーションが起こり、お金の価値が低下してしまうと、契約成立時と保険金受け取り時の間でお金の価値が大幅に変わり、損を被ってしまうおそれがあるのです。これがインフレリスクです。
変額保険では、特別勘定の運用実績に応じて保険金の額が変動するため、時代にあわせた資産運用が可能です。

インフレリスクを回避するには

定額保険の性質上、インフレリスクを完全に回避することはできません。途中解約することでインフレーションの影響をある程度抑えることはできますが、解約返戻金の額によっては損をすることもあります。
では、インフレリスクに対応するにはどうしたらいいのでしょうか。

まず大切なのは、「貯蓄の方法を定額保険だけに頼らないようにすること」です。貯蓄を定額保険1つに絞ってしまうと、インフレリスクが起きたときに対応しきれません。
インフレリスクに強いとされる外貨預金や変額保険とあわせて貯蓄を考えることで、資産運用に柔軟性が生まれます。定額保険はあくまでも貯蓄方法の1つであると考え、それがすべてではないという意識を持つことが大切です。インフレリスクを回避するためには、これがもっとも確実で、安全性の高い方法といえます。

まとめ

ライフプランにあわせた資産運用の方法を選ぶとき、つい1つに絞ってしまいがちです。運用の管理がしやすいというメリットもありますが、大きなトラブルに遭遇したときに対応しきれず、貯蓄性がまったく損なわれてしまいかねないというデメリットもあります。
定額保険は契約時に将来受け取ることのできる金額が決定するため、ライフプラン設計がしやすくなる安定した貯蓄方法です。しかし、インフレリスクには対応しきれません。
インフレーションが起きたときのことを考えインフレリスクに強い貯蓄方法も用意しておくと、より安定した資産運用ができるようになります。

ご契約者にご負担いただく諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費

ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。

資産運用関係費

投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。

解約控除

契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。

※諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。

※ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

特定保険商品には商品の種類によって次のようなリスクがあります。

【変額保険、変額年金保険】

これら保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。