1. 変額保険の資産のみかた ホーム
  2. 将来のお金について知る

あなたが公的年金を受け取るころ、今の給付水準は保たれているでしょうか?

年金額を知ろう!

老後生活を考えるうえで、避けては通れないのが、「公的年金」です。現在年金を受給している人たちは、どれくらいの年金を受け取っているのでしょうか。

例えば、会社員の夫、専業主婦の妻というケースの場合、平成25年では、夫は厚生年金、妻は国民年金となりますので、148,409円+54,622円=203,031円が夫婦の平均受給額となります。 アクサ生命/資産形成の変額保険 ユニット・リンクデータ出所:厚生労働省平成25年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について

日本の将来を知ろう!

日本の人口の推移を見てみましょう。
1192年鎌倉幕府が成立した時代は、757万人、1603年江戸幕府が成立した時代は1,227万人1868年の明治維新の時代には3,330万人と、江戸時代や明治時代に遡っても、日本は右肩上がりに人口が増え続けていました。また、戦後の高度成長で飛躍的に増加し、2004年には12,784万人にまで増加しました。

しかしながら、2004年をピークに減少し始め、今後100年間で100年前(明治時代後半)の水準まで戻っていくことが予想され、2030年では。11,522万人、2050年では、9,515万人になると推測されております。あまり実感はないかもしれませんが、既に日本は人口が減少する社会に突入しているんです。さらには、超高齢社会が進んでいます。

この状況の中で、年金制度をどうやって維持するかが問われております。

公的年金の仕組みを知ろう!

公的年金制度は、いま働いている世代(現役世代)が支払った保険料を仕送りのように高齢者などの給付にあてるという「世代と世代の支え合い」という考え方(これを賦課方式)を基本とした財政方式で運営されております。

公的年金制度とは、現役世代が支払った保険料を、現在受給している人が受け取るという世代を超えて支える制度です。

あなたが年金を受け取るころ、年金制度はどうなっているか考えてみよう!

上述の通り、現行の公的年金制度は、現役世代が支払った保険料を、現在受給している人が受け取るという世代を超えて支える制度です。

今から50年程前、まさに人口が右肩上がりの時代、働く現役世代約9人で高齢者1人を支えていました。それが今はどうでしょう?2010年では、2.6人に1人、2040年では、予測ですが1.4人で1人を支えると予測されております。「人口減少」、「高齢社会」の加速が進めば、年金制度がどうなるか、非常に深刻です。

年金制度の維持のために、「受給額の引き下げ」「受給開始年齢の引き下げ」があってもおかしくありません。記憶にある方もおられるかもしれませんが、2000年には、年金受給開始年齢が、60歳から65歳に引き上げられました。

この状況において、皆様が年金を受け取られる年齢になったころ、今の給付水準を維持できていると思いますか?

将来のためのお金をためるには

将来のお金についてを知る

あなたが年金を受け取られる年齢になったころ、今の給付水準を維持できていると思いますか?将来のお金についてはこのページに掲載しています。

老後に必要な資金を調べる

老後に必要な資金を計算してシミュレーションします。いつまでに、どのぐらいの資金が必要なのかをこちらで調べましょう。

お金をためるには

将来のお金のことについて知り、老後に必要な資金を知った後は、そのお金をどのようにためるかをこちらをご覧ください。

将来のために計画的な準備が必要です。無料ご相談も承っておりますので、お気軽にお問合わせください。

無料ご相談予約

あなたが公的年金を受け取るころ、今の給付水準は保たれているでしょうか?

年金額を知ろう!

老後生活を考えるうえで、避けては通れないのが、「公的年金」です。現在年金を受給している人たちは、どれくらいの年金を受け取っているのでしょうか。

例えば、会社員の夫、専業主婦の妻というケースの場合、平成25年では、夫は厚生年金、妻は国民年金となりますので、148,409円+54,622円=203,031円が夫婦の平均受給額となります。

アクサ生命/資産形成の変額保険 ユニット・リンク

データ出所:厚生労働省平成25年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について

日本の将来を知ろう!

日本の人口の推移を見てみましょう。
1192年鎌倉幕府が成立した時代は、757万人、1603年江戸幕府が成立した時代は1,227万人1868年の明治維新の時代には3,330万人と、江戸時代や明治時代に遡っても、日本は右肩上がりに人口が増え続けていました。また、戦後の高度成長で飛躍的に増加し、2004年には12,784万人にまで増加しました。

しかしながら、2004年をピークに減少し始め、今後100年間で100年前(明治時代後半)の水準まで戻っていくことが予想され、2030年では。11,522万人、2050年では、9,515万人になると推測されております。あまり実感はないかもしれませんが、既に日本は人口が減少する社会に突入しているんです。さらには、超高齢社会が進んでいます。

この状況の中で、年金制度をどうやって維持するかが問われております。

公的年金の仕組みを知ろう!

公的年金制度は、いま働いている世代(現役世代)が支払った保険料を仕送りのように高齢者などの給付にあてるという「世代と世代の支え合い」という考え方(これを賦課方式)を基本とした財政方式で運営されております。

公的年金制度とは、現役世代が支払った保険料を、現在受給している人が受け取るという世代を超えて支える制度です。

あなたが年金を受け取るころ、年金制度はどうなっているか考えてみよう!

上述の通り、現行の公的年金制度は、現役世代が支払った保険料を、現在受給している人が受け取るという世代を超えて支える制度です。

今から50年程前、まさに人口が右肩上がりの時代、働く現役世代約9人で高齢者1人を支えていました。それが今はどうでしょう?2010年では、2.6人に1人、2040年では、予測ですが1.4人で1人を支えると予測されております。「人口減少」、「高齢社会」の加速が進めば、年金制度がどうなるか、非常に深刻です。

年金制度の維持のために、「受給額の引き下げ」「受給開始年齢の引き下げ」があってもおかしくありません。記憶にある方もおられるかもしれませんが、2000年には、年金受給開始年齢が、60歳から65歳に引き上げられました。

この状況において、皆様が年金を受け取られる年齢になったころ、今の給付水準を維持できていると思いますか?

将来のためのお金をためるには

将来のお金についてを知る

あなたが年金を受け取られる年齢になったころ、今の給付水準を維持できていると思いますか?将来のお金についてこちらで知りましょう。

老後に必要な資金を調べる

老後に必要な資金を計算してシミュレーションします。いつまでに、どのぐらいの資金が必要なのかをこちらで調べましょう。

お金をためるには

将来のお金のことについて知り、老後に必要な資金を知った後は、そのお金をどのようにためるかをこちらをご覧ください。

将来のために計画的な準備が必要です。無料ご相談も承っておりますので、お気軽にお問合わせください。